カウンセリングとは

カウンセリングについて

 

 カウンセリングとは、来談された方がご自身の悩みについて言葉にしカウンセラーと対話をすることを通して、その悩みが何故、どのように生じたのか、そしてこの先どのように向き合っていけばいいのかをカウンセラーと共に考えていくものです。そこには、自分自身をより深く理解していく過程も含まれます。

 私たちは悩みや困りごとがあると、誰にも言えないまま一人で抱え込むか、もしくは身近な人に相談することが多いかと思われます。

 しかし、人に言えないまま一人で抱えていると、同じようなことばかりが思い浮かんで考えが行き詰ってしまったり、どんどんネガティヴな考えが広がっていってしまいがちです。

 身近な人に相談した場合は、アドバイスや励ましをもらって前向きになれることもありますが、どうしても相談相手の個人的な価値観やお互いの関係性が影響して、きちんと理解してもらえなかったり、一方的なアドバイスをされただけで終わってしまうこともあるでしょう。特に相談相手との距離が近しいほど、そういったことが生じやすいかもしれません。

 カウンセリングは、一人だけで考えるのではなく悩みを言葉にして外に出すという点、そしてカウンセラーは自分の価値観ではなく来談された方の価値や考え方、感じ方を尊重した関わりをするという点で、上のどちらとも異なります。

 カウンセリングでは、来談された方がご自分の考えで悩みに取り組み、悩みや自分自身、周囲のことがらについて新たな側面を発見したりご自分の考えや行動が以前とは変化することで、今よりも自由になれることを目指します。

 

 

カウンセリングの流れについて

  • お申込み

    初めての方は、予約申込みフォームもしくはメールにてお申込みください。折り返しこちらからご連絡し、初回面接の日時を決めさせていただきます。


  • 初回面接

    初回面接では、お悩みの全体像についておうかがいします。また、カウンセリングについてのご希望や疑問点などもあればお話していただきます。おうかがいしたことをもとに、その時点でお伝えできる大まかな見立てと当オフィスでどのようなことが出来そうかをお伝えします。

    もしこの時点で、医療機関や他の相談機関の関わりも必要と思われた場合には、その旨をお伝えし、ご要望があれば必要な機関をご案内・ご紹介させていただきます。


  • アセスメント面接

    初回面接ではうかがいきれなかった、お悩みの詳細や、これまでの人生、ご性格などについてうかがいます。通常は何回かに分けて行いますが、初回面接で大体のことがお話できた場合には省略する場合もあります。

    アセスメント面接の最後の回で、カウンセラーからより詳細な見立てとカウンセリングがどのような形でお役に立てるのか、また、どのようにカウンセリングを進めていくのかをお伝えします。
    来談された方がそれらに納得されカウンセリング継続をご希望されましたら、カウンセリングの曜日と時間、頻度を決めて治療契約を結びます。


  • 継続面接

    最初に取り決めた曜日と時間、頻度で継続的にカウンセリングを行っていきます。

    一度取り決めた日時や頻度でも、環境などの変化からご都合がつかなくなる場合もあるかと思いますので、日時や頻度を変更したい場合はいつでもご相談ください。


  • 終結

    カウンセリングの終結は、来談された方とカウンセラーで話し合って決めていきます。
    来談された方が「そろそろカウンセリングがなくても大丈夫かもしれない」と感じて終結を切り出すこともあれば、カウンセラーの方から切り出すこともあります。

    終結することが決まった場合は、最後のカウンセリングをいつにするかを決めます。いつにするかは人や状況によって異なりますが、大体1~3か月ほど先に設定することが多いです。これに関しても相談して決定していきます。